介護における住宅改修とは

介護における住宅改修とは、部屋同士の段差をなくしたり手すりを設置したりスロープを設置するような工事を指します。
家族の人が高齢になってくると、現状の家で生活するには危険な可能性があるため工事をおすすめします。
また要介護・要支援認定を受けた場合は介護保険から住宅改修費用が約9割負担してくれるという制度があるのです。
よって金銭面で工事を躊躇していた方にとってはありがたい制度だと言えます。
さらに家をバリアフリー化するということは、要介護者の方が住みやすくするだけでなく、妊婦や小さな子供にとっても安全な家となるので家族みんなが住みやすい家となるのです。
住宅改修について詳しく知りたいと思っている人は、町役場の福祉科などに話を聞いてみましょう。

none

最新記事

  • 要介護状態になると、お住いの住宅の段差が気になったり、お手洗いに手すりがほしくなったりすることがあり …

    詳細はコチラ!

  • 65歳以上の高齢者の場合、他の年代に比べて、家庭内における不慮の事故発生率が断然高くなります。

    詳細はコチラ!

  • 家の中に手すりを付けたり、バリアフリーにしたり、扉を引き戸に交換したり、住宅改修にかかる費用について …

    詳細はコチラ!